SparePages

ツクール2000→ウディタ→ツクールMVと乗り換えてのゲーム制作とかの備忘録

IMG_1933

転職の備忘録

0.はじめに

勢いだけで転職をした。。
本来このブログはツクールMVはじめとする創作関係のブログではあるが、
自信がいざ転職活動をしていろいろと調べたときに、
大手企業の転職マナーのページや作法だけが書かれたアフェリエイトブログなど、
上品にコーティングされたサイトばかりが出てきて、実際に転職活動をした人の体験記などが全く出てこなかった。

…ので、
・他の方の転職活動に役立ててほしい
・自身が仮に再転職することになったときの備忘録としたい
という思いで、今回ここにメモする(普段の投稿より長いです)。

※今回利用したエージェントは、一応名前は伏せます(リンクを押して飛ぶサイトとの関連性はありません)

nagare

1.結果

・エージェントに登録してから、内定が出るまで:1.5ヶ月
・内定:2社
(現職と同規模x1 大手x1)

【エージェントA】
・紹介された企業数:30社(ここから増えることはなかった)
・応募:10社
・書類選考通過:7社→5社(面接応募)
・一次面接通過:3社
・内定:2社

【エージェントB】
・紹介された企業数:たくさん(毎日紹介される。捌ききれない)
・応募:22社
・書類選考通過:6社
・一次面接通過:1社(辞退)
・内定:なし

【結論】
相性もあるので、エージェントは2社お願いしたほうが良い(3社はスケジュール的に無理)

 

2.登録(エージェントA)

まずはエージェントAに登録。
(ここにした理由は、直近転職した友人数名がたまたま、このエージェントを使っており、「○○エージェント、良かったよ」との話を聞いていたから。)

・履歴書
・職務経歴書

の提出を求められる(+電話面談用に事前アンケートも)。
どこのエージェントも、上記2つの事前提出はほぼ必要のよう。

「履歴書」はともかく、「職務経歴書」が手間だった。
おそらく、軽い気持ちで「転職しよう」「エージェントとか良いらしいし使ってみよう」としている人はここで振り落とされると思われる。
(自分は去年、衝動的に転職しようと思ったときはこの辺りを面倒がって、結局やめてしまった)

履歴書には証明写真の貼り付け欄あり。
書類選考時点ではなくてもいいらしいが(エンジニアなのでそこまで顔は重視しないとか)、
後のことも考えあるに越したことはないので用意。

カメラのキタムラで撮影すると写真データもくれるとのことなので、スーツで向かう。
(証明写真x4枚+画像データで2000円弱だった気がする。調べても価格ページが削除されており不明)

証明写真x4枚は「少ないかな?」とも思ったが、4枚しか使わなかったで案外十分だった。
不足時はWEB上で焼き増し発注可能。
画像データをDLできるので、それを使ってコンビニでネットプリントも可能。

(参考1)
写真プリントはカメラのキタムラ
http://www.kitamura-print.com/photo_id/

(参考2)
コンビニ証明写真200円 | ピクチャン | セブン・ローソン・ファミマで印刷
https://pic-chan.net/c/

 

3.電話面談(エージェントA)

事前アンケートをもとに、

・退職理由
・次の職場でやりたいこと
・希望条件(規模、年収、福利厚生…どれを重視するか)

を聞かれる。

このときは
私「SIerはもう結構です」
エージェント「SIerでのキャリアアップの方が、年収UPをのぞめますよ!」
とのことだったので、SIerメインで+他IT(WEB系など)を紹介してもらうことになる

 

4.求人紹介(エージェントA)

ここで初めて、専用サイトを案内される。
30社ほどを紹介され、「吟味のうえ、10社以上応募してください」と言われる。
非公開求人もあった。

紹介された企業は、

・メーカー系
・独立系大手SIer
・社内SE
・現職と同規模のSIer

SIerメインで選定をしてもらった(確かWEB系は結局なかった…)。

このときは

・ネット上での評判(カイシャの評判、Vorkers、転職会議 など)が悪いもの
・>勤務先:プロジェクトによる

は避けて、それ以外で応募した。
(あと現職の協力会社があったのでそこは避けた)

【企業口コミサイトについて(メモ)】

【カイシャの評判】
○:無料ですべての口コミが見られる。
△:好意的な口コミが目立つ印象。他サイトより書かれていることがマイルド?

【Vorkers】
○:ネガティブな口コミが目立つ印象。カイシャの評判よりは核心を知れる?
△:すべての口コミを見るために条件あり(自社について投稿 or 有料)

 

5.書類選考(エージェントA)

応募した10社中、7社が書類通過(後述の別エージェントとは対象的)。
現職がSIerで、紹介してもらった企業もSIer中心だったことも関係していると思われる。
エージェントも「こんなに通るのは珍しいですよ」とのこと(もちろん、全員に言っている可能性はあるが)。

この中から面接を行っていくことになる。
どこかで一日有給を取り、その中に面接を詰めてスケジューリングしてもらい、受けていく。

よってここから、

・特に受けたい企業
・遠慮しておきたい企業

を伝え、その中で3社ほど、面接を調整してもらう。

 

6.不安になる

書類は結構通過してくれたが、ここで
「本当にSIerでいいのか?WEB系とか最先端な感じのもやってみたかったのでは??」
という思いがよぎる。

 

7.別エージェントに登録する(エージェントB)

いわばエージェントの浮気。
IT系一本でやっている、WEB系・ゲーム業界に強い、エージェントもIT系出身者ばかりな某エージェントにも登録することとなる。

ここでも

・履歴書
・職務経歴書

の提出を求められる。

どちらも、エージェントAに提出していたものがあるので、それをここのフォーマットに置き換えて作成する。

 

8.求人紹介(エージェントB)

ここでも専用サイトを案内される。

・小規模な、開発メインの企業
・聞いたことがある超大手BtoC企業
を紹介された。

エージェントからは
「必須要件を満たしていなくても、そこは大丈夫です!まずはどんどん応募しましょう!!」
と言われ、
「???」と思いながらもそれら大手企業にも応募する。

こちらのエージェントはエージェントAと違い、その後毎日、たくさんの企業を紹介してくれた。
非エージェントの転職サイトの、毎日来るスカウトメールのようなペースで。

このときは「積極的だな」と思っていたが、
あまりにも大量・無差別に企業を紹介されたので、途中から
「この人、本当に考えてくれたうえで紹介してくれてるのかな…?」
と疑問に思うようになる。

 

9.書類選考(エージェントB)

エージェントAではほとんど通った書類選考が、このエージェントBでは殆ど通らない。
対象的なほど通らない。。
SIerでなく、開発やWEB系寄りで紹介をしてもらったからかも知れない。

エージェントからは、
「20~30社応募して、やっと1社内定がもらえるのが一般的。とにかく気になったものはすべて応募しましょう!!」
と、手当たり次第に応募するよう言われる。

 

10.面接(エージェントA)

3社受け、一次面接を通過したのが2社。

1社目(落ちた)からは面接時、終始、答えに対し嫌味を言われる。
終了時には
「まあ、今後の転職活動、頑張ってくださいよ」
と捨て台詞まで言われる。

2社目は終始和やか&世間話。
「これならすぐに頑張ってもらえるねぇ」と好意的で通過。

3社目は多少厳し目に言われるものの、
いろいろ思いを伝えていくうちに「よし分かった、俺が鍛えてやるから来い!!」と言われ通過。

別日に受けたWEB面接x1社は不通過となる。

どういったことを聞かれるか・面接官は誰かは、情報がある場合、エージェントが事前に知らせてくれた。

【企業の態度】
このあとのエージェントBの面接も通して思ったが、
新卒採用のときも感じたことではある、企業により雰囲気や評価のされ方は全く異なった。

【結果が出るまでの期間】
新卒採用のときは1~2週間はかかったと記憶しているが、
今回はどこも数日のうちに(基本は翌日)結果が出た。早い…。

【面接対策】
例文サイトを見て、よく聞かれる内容については予め答えを作り、
Googleドライブに入れて空き時間でカンペとして暗記した。

想定外のことを聞かれたときは、とりあえずニコニコしながらやり過ごし、
あとで回答を考え、カンペに追記していった。

(参考にした1)
面接対策 完全ガイド ~質問・回答例・マナー~ |転職ならdoda(デューダ)
https://doda.jp/guide/mensetsu/

(参考にした2)
面接でスグ使える!志望動機の回答例・NG例 │よくある質問20パターン |【エン転職】
https://employment.en-japan.com/tenshoku-daijiten/10111/

(参考にした3)
エンジニアが転職の面接で聞かれること、企業の質問意図、例文から回答例のポイントまで徹底的に解説! | サービス | プロエンジニア
http://proengineer.internous.co.jp/content/columnfeature/8368

 

 

11.適性検査

1社はSPI+筆記試験

筆記では、
「大変だった経験とそれを乗り越えるためにやったこと」x2
を記述させられる。

無事通過で、一次面接なしの最終面接へ。
(SPIは新卒採用のときも苦手だったが、今回は何故か通った)

あとは他の企業では

・適性検査
・V-CAT

もやらされた。

適性検査は特に対策することもないだろうし、これが原因で不通過なことも新卒採用含めてなかったので、問題なし。

V-CATは初めてやることになった。
音声に沿って、「100ます計算」のような計算問題を延々とやらされる。
途中から集中が切れる。
(実際 過去には、ここで気持ちが折れ、
「面接はOKだったのにV-CATの計算問題が途中から白紙だった」
というので不採用 ということもあったらしい)

(参考)
メンタルヘルスと持ち味を把握する適性検査<V-CAT>  | JMAM 日本能率協会マネジメントセンター
http://www.jmam.co.jp/hrm/course/assess/item_v-cat.html

 

12.面接(エージェントB)

3社受け全滅。
これと別にSkype面接x3も受けるが、1社を除き不通過…。

これらの中で、筆記試験も出された。
試験では、どこも「こういうことをやりたい」というお題を示され、
それを実現するための、SQL文や関数(C#など好きな言語で)を書かされた。

エージェントBからも、企業フィードバックからもダメ出しを受ける。

ここでエージェントBからは、
「以前紹介したAという企業(SE派遣)、うちから100人以上採用しています。
B社(アジアの外資系SE派遣)もそれぐらい採用してます。おすすめなのでここも応募してください!」
と言われてふと思う。

・はじめに紹介した超大手企業xたくさんは、飾りだったのでは?
(だから「必須要件は気にしないで応募してください!」と言ってきたのでは?「こんな大手を紹介してくれるなんて!優良エージェント!!」と思わせるための飾り)
・最終的に、↑のSE派遣に採用させたいだけなのでは?

結局、ここで、応募を放置してしまった(通過した1社は辞退)。
ここまでを通して、このエージェントからの

・書類(履歴書・職務経歴書)の添削
・面接指導

はなかった…(やってくれるとの触れ込みだったが)。

(参考)
なぜワークポートの評判は”ひどい”のか?|口コミの真偽を転職のプロが徹底解説
転職nendo
https://tenshoku-nendo.com/agent-reputation-workport/

 

13.最終面接前のエージェントとの電話面談(エージェントA)

ここまで、
最終面接まで行ったのは3社(1社は、書類選考+筆記試験だけで最終面接へ)。

そのうち1社は「最終面接は意思確認だけで、ほぼ内定確定」とのことだった。

残る2社に対して、来る最終面接に備え、エージェントとの事前面談を行うことになる。
このときのエージェントは、いつも対応していただいている方ではなく、その企業の担当営業の方だった。

また、模擬面接形式で進むのかと思いきや、違った。

・会社の特徴(業界的立ち位置、強み、企業風土)
・一次面接時の評価
・それを踏まえ、最終面接ではこう話すと良い

といった内容を、一時間程度で説明いただいた。

 

14.最終面接(エージェントA)

再び有給を取得し、最終面接x3へ。

1社はほぼ内定確定のため、業務内容やこちらの経験などの確認。基本雑談。

それ以外は、↑でやった事前電話面談の対策に沿って進めた。

 

15.内定(エージェントA)

2社から内定をもらった。

残る1社は、まだ結果が出ていないとのことだったが、
受かった1社が第一志望だったため、ここで辞退し、転職活動終了となった。

(会社の規模的にも、年収的にも、現職よりグレードアップとなった)

 

16.総括

勢いだけで転職をしてしまったが、思ったよりやることが多く大変面倒だった。

・辞めたい意思を上司に伝えるのが面倒
(私の場合上司x3に一人ひとり説得した。肝心の人事からは何も言われなかった(弊社の若手がよく辞めるのはこういうところだと思う))
・退職の手続きが面倒(意外と書く書類が多い)
・転職活動自体ももちろん大変(案外キツキツにスケジュール組まれる。こっそり転職…となると少し厳しいかも)
・内定先への入社前手続きが大変(健康診断、引っ越し関係…)

やっぱり勢いだけで転職はするものではないなと思った。
(逆に勢いに任せなければ通しきれなかった気もする)

また、今回は結果的にエージェントAに頼ったお陰でいい結果となり、
エージェントBだけに頼っていたらまた違った結果となっていたかも知れないが、
自身のスキルや何をやりたいかの相性も大いに関係していると思うので、
利用する人によって結果は全く変わってくるとは思う(念の為、一言)。

 

 

-未分類