SparePages

ツクール2000→ウディタ→ツクールMVと乗り換えてのゲーム制作とかの備忘録

wp20201103h

ツクールMZ プラグイン紹介「イナロク2020」

自分の備忘録も兼ねて、RPGツクールMZでのゲーム制作にあたりお世話になったプラグインを、
ゲーム別に紹介していきます。
今回は2020年に公開したコンパクト人生すごろく「イナロク2020」です。

 

【ダウンロード・プレイ】
(ブラウザ・RPGアツマール) https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm16470

wp20201103a

TemplateEvent.js

(テンプレートイベントプラグイン)

wp20201103b

【配布先】
Delusional Field
http://triacontane.blogspot.jp/
https://raw.githubusercontent.com/triacontane/RPGMakerMV/mz_master/TemplateEvent.js

汎用的に使用するイベントをテンプレート化するプラグインですが、
マップにある任意のイベントをコモンイベントのように呼び出せる機能もあります。

wp20201103c
ツクール2000の時には「イベントの呼び出し」イベントにてコモンイベントの他にマップ内の指定のイベントを呼び出すことができましたが、MVやMZではこの機能は削除されてしまいました。
(XPとかVXの頃からかも知れないですが、所持していないので不明)

今回はツクール2000のときのイベントを移植する際に、上記のマップイベントを呼び出す機能が必要だったため使用しました。

TextPicture.js

(標準プラグイン)

wp20201103d

ウディタであるような「文字列ピクチャ」をツクールMZでも行えるようにするプラグインです。
入力した文字をそのままピクチャとして画面の好きなところに表示できるので、
RPGツクール2000のときのように「文字を画像で用意しなければいけない」ということがなくなり大変助かります。

本作では、スコアの表示にこのプラグインを使用しています。
MVのときは「DTextPicture.js」を使用していましたが、MZではこちらの標準プラグインで似たようなことができたので、こちらを使いました。

 

SceneGlossary.js

(ゲーム内用語辞典プラグイン)

wp20201103e

【配布先】
Delusional Field
http://triacontane.blogspot.jp/
https://github.com/triacontane/RPGMakerMV/blob/mz_master/SceneGlossary.js

ゲーム内で登場する用語を辞典形式で確認できるようにするプラグインです。
登録したい用語をアイテムに登録しておくと、この辞書画面から閲覧できるようになります。

本作ではルール説明の際に使用しています。
内容を項目別に簡潔に表現できて良かったので、上記の目的で使用しました。
(以前プレイしたMV製作品で同様のことをやられていたので、参考にさせていただきました)

 

MakeScreenCapture.js

(画面キャプチャ管理プラグイン)

【配布先】
Delusional Field
http://triacontane.blogspot.jp/
https://github.com/triacontane/RPGMakerMV/blob/mz_master/MakeScreenCapture.js

スクリーンショットを撮ることができるようになります。
紹介用のスクショを撮る時に便利。

ゲーム公開時のスクリーンショットは、多くの人に興味を持ってもらうために必須。
ツクール2000全盛期の2000年代前半は、スクリーンショット無しでゲーム公開をする方も多かったですが(Vectorにスクリーンショットを載せられない時代)、
2019年のいま、スクリーンショット無しなんて作品を殺すようなものです。
よってこのプラグインは必須。

 

ExtraWindow.js

(標準プラグイン)

wp20201103f

任意のウィンドウを、指定したシーンで表示することができるプラグインです。
本作ではターン数の表示に使用しています。
参照元の変数の値が変更されると、このウィンドウの値も自動で更新されます。
いちいち再描画のイベントを挟まなくて良いので、その意味で便利です。

AltSaveScreen.js

(標準プラグイン)

wp20201103g
セーブ・ロード画面レイアウト変更を変更します。

以前「ありがとう!ワタシの経営」をツクール2000からMVに移植した際には、セーブ・ロード画面で顔グラフィックを使ってプレイ時間を表示していたのを再現するために使用しました。
本作では別にセーブ画面にこだわりはなかったのですが、標準プラグインで入っているので一応使ってみた次第です。

-ツクールMZ